Last Updated on 2022-04-06 by Shinichi(Mapman)

Image by annmariephotography from Pixabay

Q: Some cosmetic companies are selling products for making up males. Discuss both views and give your opinions. Write at least 250 words.

In formal situations, people require making up to see good impressions. In particular, most females learn how to make up for showing their good looking. Likewise, cosmetic companies produce items for men. In my view, males also should study methods for making excellent effects showing as gentlemen. That is a great challenge. This essay will explain both perspectives about making up males.

On the one hand, there are several drawbacks to making up for males. First, most cosmetic companies produce making-up items for females. In particular, most department stores sell such products on the ground floor. Some males tend to hesitate to ask professional staff about cosmetic items. Next, most cosmetic items are expensive. For instance, some facial creams for men are more expensive than for women. Some males may do not know how much that costs for cosmetics. As a result, such males buy cheap facing creams. Consequently, some of them hurt their skin.

On the other hand, making up for men give many benefits. First, some recruiters can recognize their good first impression. Recruiters can progress their procedures smoothly. Next, couples can share methods of how to make up. In other words, they can acclaim their good points to each other. Also, some spouses can teach how to make up faces as professionals. As a result, couples can keep a good relationship.

In summary, I believe that cosmetic products sell items for men. Both genders can show each good point. Couples can realize their every advantage. Overall, such attempts make happy for people.

(256 words)


男性向けの化粧 (IELTS Task2向け)

設問: 化粧品会社の中には、男性化粧品を売っているところもあります。双方の視点を議論し、あなたの意見を少なくとも250語で書いてください。

公式の場において, 人々は良い印象を見せるためにメイクアップが求められます。特に、ほとんどの女性の方は良い格好を見せるためのメイクアップの仕方を学びます。同様に、化粧品会社には男性向け化粧品を作っているところもあります。私の視点では、男性もまた紳士的な素晴らしい格好をつくるための方法を学ぶべきです。それは素晴らしい挑戦です。このエッセイでは、男性の化粧について双方の視点から説明いたします。

一方で、男性のメイクアップにいくつかの欠点があります。最初に、ほとんどの化粧品会社が女性向けの化粧品を主に生産しています。特に、ほとんどの百貨店ではこのような化粧品が1階で販売されており、男性の中には化粧品についてプロの販売員に聞くのをためらってしまう方もおります。次に、ほとんどの化粧品のコストが高くつきます。例えば、男性の洗顔クリームが女性向けより高い場合もあります。男性の中には化粧品にどのくらいかかるのか知らない人もいるかもしれません。結果、このような方が安価のクリームを買い、 肌を痛めてしまいます。

他方で、男性の化粧も多くの恩恵があります。まず採用担当者が彼らの良い第一印象を認識できることです。採用担当者が手順を円滑に進めることも出来ます。次に、(夫婦など)男女1組であればメイクアップの仕方を共有する事が出来ます。言い換えますと、彼らの良い点を互いに褒め合う事もできます。また、配偶者であればプロとしてメイクアップの仕方を教える事もできます。結果、その1組は良い関係を保つこともできます。

まとめますと、男性向けの化粧品も売れていると思います。男女どちらとも各自の良い点を見せる事ができ、それぞれの良さに気づくこともできます。全体的にそのような試みは、人々を幸せにする事もできます。

(256語)