Last Updated on 2022-03-27 by Shinichi(Mapman)

Image by StockSnap from Pixabay

Q: Some companies increase that provide a working opportunity to disabled persons. What are the causes? What are the solutions? Write at least 250 words. 

With the number of the human resources are decreasing. Some companies began to recruit disabled persons, such as down syndrome, autism, and ADHD. In my view, some social issues can solve by technology.

First, people with disabilities can do work by technology. For example, persons with ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis) would say awkward by themselves because of physical problems. But some restaurants provide robotic waiters. Such robots can control by remote from home. For such mechanisms, persons with ALS can accept orders from customers. As a result, they can contribute to society. Also, some autistic people can not speak well. Some technology helps their work. To illustrate, touch panels select the designated menu, such as a portion of work. For such reason, autistic workers can select appropriate tasks from assigned work. Consequently, they can obtain job skills.

Next, technology help to attend a meeting. While the meeting, some disabled persons may not able to catch the current flow. In particular, some participants can chat very well. They talk super quickly for autistic people. But captions, such items can solve these issues. Some English learners would not catch up with conversations in the movie. Subtitles help them. Likewise, autistic people can recognize the current flow in the meeting. Besides, some creators can make a video well. In such a case, meeting organizers can order to make videos with the caption. For such reasons, they can get both benefits.

In summarizing, people with disabilities can work well helping by technology. Overall, they also can contribute to society.

(254 words)


障がい者の仕事 (IELTS Task2向け)

設問: 障がいをお持ちの方へ働く機会を提供している企業が増えております。理由と、解決策は何でしょうか? 少なくとも250語以上で書いてください。

人材数の減少にともなって、一部の企業がダウン症、自閉症、ADHDといった障がいをお持ちの方を募集し始めています。私の観点からは、社会的課題の一部はテクノロジーで解決出来ると思います。 

まず、情報技術によって障がいをお持ちの方でも仕事ができます。例えば、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の方は身体の問題によってぎこちないと言うかもしれません。しかし、レストランの中にはロボットによるウェイターを提供しているところもあります。このようなロボットは自宅から遠隔操作ができるのもあります。このような仕組みによって、ALSの方々がお客様から注文を受けることもできます。この結果、彼らも社会貢献ができるのです。また、自閉症の方には上手く話せない方もいるでしょう。テクノロジーは彼らの仕事を助けてくれます。例を示しますと、タッチパネルは仕事の一部といった指定されたメニューを選んでいます。このような理由によって、自閉症の労働者が適切な作業を割り当てられた仕事の中から選ぶことができます。結果、仕事のスキルが身につくこともあります。

次に、情報技術は会議への参加も助けてくれます。会議中、現在の流れを掴めない障がい者もいることでしょう。特に参加者の中にはお喋りが上手な方もいて、自閉症の方にとってはとても速く感じることがあります。しかし字幕といったアイテムはこの問題を解決できます。英語学習者の中には映画の会話に追いつけない方もいらっしゃるでしょう。字幕はそれを助けてくれます。同様に、自閉症の方々も会議中の現在の流れを認識することができます。また、クリエイターの中にはビデオ作成の上手い方もいらっしゃるでしょう。このようなケースにおいて、会議の主催者は字幕付きのビデオを依頼することもできます。このような理由から、双方が利益を得ることもできます。

まとめますと、障がいをお持ちの方でも技術に助けられて働くこともできます。結果として、彼らも社会貢献できるのです。

(254語)