Last Updated on 2022-01-29 by Shinichi(Mapman)

Image by Alehandra13 from Pixabay

Q: For most TV programmes, the audience ratings are declining. Why does it happen? What is the solution? Write at least 250 words.

In the middle of the 20th century, a period of high economic growth, TV was one of the greatest pleasures for people. But nowadays, the number of people who do not watch TV is increasing. There are many reasons for this; however, in my view, it is because Japanese TV programmes have some issues. This essay will outline these issues and explain some possible solutions for improving Japanese TV programmes.

To begin with, some people get information exclusively from TV. In other words, some TV programmes mean one way to their audiences. For instance, when some comedians and commentators talk with people on TV programmes, it may seem simply entertaining; however, some information and jokes may include prejudice or contain biased information. As a result, some audiences may believe such information is correct. Next, most Japanese broadcasting corporations centralize in the capital, Tokyo. For this reason, it is a bit hard for people who live in the countryside to promote their local areas. Consequently, they tend to miss a chance to appeal their local areas to the urban areas.

But there are many solutions for TV programmes. The point concerns satellite broadcasting, which has a lot of channels. But it is expensive. Some audiences can watch their favourite channels from satellite broadcasting. In such audiences may enrich their minds. But some people with poverty could not get some beneficial information. For such reasons, TV programmes should provide information literacy to distinguish necessary information from multiple resources such as books, newspapers, and TV. For such reason, audiences can improve literacy how to distinguish their essential information.

To sum up, Japanese TV has some issues that have resulted in fewer viewers. If some broadcasters tackled information literacies for people, audiences could see various perspectives and would be more interested in watching TV programmes, there may be a revival.

(306 words)


テレビ番組の改善(IELTS Task2向け)

設問: ほとんどのテレビ番組で、視聴率が低下しています。何が起こっており、その解決策は何でしょうか?少なくとも250語以上で記述してください。

20世紀半ばの高度経済成長期、テレビは人々にとって、最大の楽しみの1つでした。しかし今日(こんにち)では、テレビを観ない人の数が増えております。これにはいくつかの理由がありますが、私の視点では、日本のテレビ局がいくつかの問題を抱えているからと考えております。このエッセイでは、これらの問題点を整理し、いくつか可能な限りの改善策を説明したいと思います。

そもそも、人々の中にはテレビからしか情報を得られない方もおります。言い換えますと、視聴者にとって情報が一方的である事を意味します。例えば、お笑い芸人のやコメンテーターの方がテレビで話す時、それは単純に楽しそうに見えるかもしれません。しかし、一部の情報やジョークには偏った情報が含まれかねない事もあります。この結果、視聴者の中にはこのような情報を正しいと信じてしまう方もいらっしゃるでしょう。次に、ほとんどの日本の放送局が、首都である東京に集中しております。この理由によって、地方にお住まいの人々にとって地方(の魅力)を伝えるのがやや難しく、 結果として、都市部の方に地方の魅力を伝える機会を逃してしまう傾向があります。

しかし、テレビ番組にも解決策はたくさんあります。ポイントは、たくさんのチャンネルを持つ衛星放送に関することですが、高価でもあります。視聴者の中には衛星放送から好きなチャンネルを見ることができ、このような視聴者は心豊かになるかもしれません。しかし貧困にあえぐ方々の中には、有益な情報を得られない方もおります。このような理由から、テレビ番組は必要な情報を本や新聞、テレビといった複数の情報媒体や資源から区別できる情報の読み書き能力を供給すべきでしょう。このような理由によって、人々は必要情報を見分けられるリテラシー(読み書き能力)を改善することができます。

まとめますと、日本のテレビは視聴者が少なくなっている問題を抱えております。放送局の方々が視聴者のための情報リテラシーに取り組めば、視聴者は様々な視点から物事を見ることができ、テレビに関心をもっと持てば、復活するでしょう。

(306語)