Last Updated on 2021-10-20 by Shinichi(Mapman)

Image by Dean Moriarty from Pixabay

Q: Most teachers give homework to students. Discuss both views and give your opinion. Write at least 250 words.

Most school teachers give homework to their students in class, such as language, math, society, and science. That is tough doing it for some students but also that exciting for others to study unknown subjects. I believe that homework gives various opportunities for students to think by themselves.

On the one hand, some schools promote banned homework. First, homework eats up free time. Some families would like to cherish spending time with children because children can learn some living skills from families. For example, they can learn to help with cleaning the home. As a result, that methods can be helpful in adulthood. Next, some children can obtain basic skills how to play sports. That’s possible only in childhood. Even if some teachers do not give hints, some children get how to play it. For these reasons, some experts would think homework is nothing means.

On the other hand, there are two advantages for students doing homework. First, they can develop skills for managing time. That depends on the amount of the assignment; students can learn what time they should finish it. Consequently, it would be helpful to do works such as making a report. Next, teachers can track the progress of students. Students should follow the curriculum for getting certificates. Teachers also need to spot the point some students struggle with it. For these reasons, homework is a good assignment for tracking the progress of students.

To sum up, homework allows learning fundamental skills. Overall, I support giving the assignment.

(250 words)


宿題 (IELTS Task2向け)

設問: ほとんどの先生方は生徒さんに宿題を与えています。双方の視点を議論し、意見を少なくとも250語で書いてください。

ほとんどの学校の先生方は、国語、数学、社会、理科と言った授業で生徒さんに宿題を出します。それは一部の生徒さんにとって大変でもありますが、知らない科目を勉強する楽しさでもあります。私は、宿題は生徒さんが自ら考える様々な機会を与えてくれている、と思います。

一方で、宿題の禁止を促進している学校もあります。まず、宿題は自由な時間を奪います。家族の中には子供たちとの時間を大切にしたい方もいるでしょう。なぜなら子供たちが家族から生活スキルを学べるからです。例えば、子供たちは家の掃除の手伝い方を学ぶことが出来ます。結果として、その方法は大人になってからも役に立ちます。次に、子供たちの中にはスポーツの基本的なスキルを学べる子もいます。それは子供時代しかできません。たとえ先生方がヒントを与えなくても、スポーツの仕方を習得できる子もいます。これらの理由から、専門家の中には宿題には意味がないと考える方もいるでしょう。

他方で、宿題をする事には2つの利点もあります。まず、時間管理のスキルを伸ばす事ができます。宿題の量にもよりますが、生徒さんの中には何時に終わらせるべきかを学べる人もおります。結果として、それはレポートを作成すると言った仕事をすることにも役立つでしょう。次に、先生方が生徒の授業の進捗状況を追える点があります。生徒さんが証明書を得るためにカリキュラムには参加しないと行けませんが、先生方も生徒さんが苦戦している点を見つける必要があります。これらの理由により、宿題は生徒さんの進捗状況を追う為の良い課題、と言えるでしょう。

まとめますと、宿題は基本的なスキルを学ぶ機会を与えています。総合的に見て、私は宿題を与える事を支持します。

(250語)