Last Updated on 2021-06-28 by Shinichi(Mapman)

Q: People can look for most information through the Internet. On the other hand, some researchers require reading many books. To what extent do you agree or disagree?

 

Top Image by Firmbee from Pixabay

Bottom Image by Pexels from Pixabay

Write at least 250 words.

Nowadays, most people can search for information through the Internet. On the other hand, some researchers concern the number of students who consider their opinions from some resources is decreasing. I believe that they should learn several skills to make their opinions from many resources. This essay will explain the merits of reading books.

On the one hand, people can see different perspectives. Several books have picked up the same agenda by different authors. For example, One author writes that people with ASD can do work well. Another author writes about people with ADHD can think up many ideas. In other words, they can create new ideas because of combining their talents. Likewise, readers would think up it from reading several books.

On the other hand, there are some drawbacks. People spend a lot of time making a decision. For instance, they should judge immediately in an emergency. Most people usually see the website through some devices such as smartphones. Online users can know information as soon as they would like to know. It is clear that websites provide information that is faster than reading many books because it is updated, however, they can know precautions from many books. To illustrate, some historical books contain records of disasters. As a result, they can learn how to prevent some tragedies.

In conclusion, people should know how to tidy up much information for making opinions from books. First, they can create ideas from different perspectives. Second, they can know information on how to avoid some troubles. Overall, books contain many benefits information.

(262 words)

ホームページと本(IELTS Task2向け)

設問: 人々は、ほとんどの情報をインターネットを通して探す事ができます。一方で、研究者は沢山の本を読むことを要求されます。あなたはどの位賛成または反対しますか?少なくとも250語で書いてください。

今日では、ほとんどの方がインターネットを通して情報を検索できます。一方で、ある研究者たちは資料から意見を熟考する学生の数が減っていると心配しています。私は、彼ら(人々)は沢山の社会資源から意見を作り出すと言ったいくつかのスキルを学ぶべきかと思います。このエッセイでは、本を読むことの長所を説明いたします。

一方で、人々は異なった視点を見る事ができます。いくつかの本は、同じ議題を違う著者で特集している事があります。例えば、ある著者がASDの方が仕事が上手い事を書いているのに対し、もう1人の著者がADHDの方が沢山のアイディアを思いつくと書いています。言い換えると、彼らは、彼らの才能を組み合わせる事によって、新しいアイディアを産み出すこともできます。同様に、読者の方もいくつかの本を読むことでアイディアを思いつく事ができるでしょう。

他方で、いくつかの欠点もあります。人々が決定に沢山の時間を費やす事です。例えば、緊急時は速やかに判断しなければいけません。ほとんどの方は常に例えばスマートフォンといった機器を通してホームページをみているでしょう。ネットユーザーの方は知りたいと思ったらすぐに情報を知る事ができます。 確かに、Webは更新された情報によって沢山の本を読むより早く情報が供給されるでしょう。しかしながら、本から沢山の予防措置を知ることもできます。例えば一部の歴史本には災害記録も含まれています。結果、彼らは悲劇を防ぐ方法を学ぶ事ができます。

まとめますと、人々は本から意見を作る事によって沢山の情報を整理する方法を知る事ができます。まず、異なった視点からアイディアを産み出すこともできますし、次に、トラブル回避の情報を知ることもできます。結果、本は沢山の有益な情報を含んでいると言えるのです。

(262語)