Last Updated on 2021-06-28 by Shinichi(Mapman)

Q: Most people can find attractive products on the Internet. On the other hand, some people can spot fantastic products in real shopping. Discuss both views and give your opinion.

Image by justynafaliszek from Pixabay

Write at least 250 words.

Some decades ago, people could spot many fantastic goods in the real shop. But lately, most people can find attractive products on the Internet. I believe that both shops have several advantages. This essay will explain both advantages of online or real shopping.

On the one hand, internet users can search for specific items. For example, users can select items from categories that they would like to buy through the pull-down menu. They can check detailed information immediately, such as book reviews from customers, and specifications of machines. Also, users can accept updated information from online shops. For example, they can purchase new products at a discount price when they joined membership in stores. As a result, users can buy goods in a short time.

On the other hand, real stores prepare various benefits for shoppers. For instance, some shoppers can use the parking lot for free while they are shopping in a big mall. Some drivers can know the vacancies of the lot through some devices such as smartphones. They can avoid traffic jams. Also, children can learn how to buy items. To illustrate, some stationery shops offer stamp cards to primary school children. They can buy items with showing full stamps. As a result, they can know how to receive benefits.

To sum up, people can accept some benefits through both the shopping style. Online shopping gives a lot of information about items. Real shopping offers an opportunity for learning the social system. Overall, people can enjoy shopping in these types of shops.

(256 words)

オンラインか実店舗か(IELTS Task2向け)

設問: ほとんどの方々は、インターネット上で魅力的な商品を見つける事ができます。一方で、実店舗でも人々は面白い商品を見つけ出す事ができます。双方の視点を論じた上で、あなたの意見を少なくとも250語で述べてください。

数年前、人々は実際のお店でたくさんの面白い商品を見つける事ができました。しかし最近では、ほとんどの人々はインターネット上でも魅力的な商品を見つける事ができます。私は、双方のお店にはいくつかの長所があると思います。このエッセイでは、オンライン、実店舗双方の利点を説明いたします。

一方で、インターネットの利用者は特定の商品を探し出す事ができます。例えば、ユーザーの皆様は彼らが買いたいと思った商品を、カテゴリーからプルダウンメニューを通して選ぶ事ができます。彼らはすぐに、購入客からの本のレビュー、機械の性能から詳細な情報を確認できます。また、ユーザーの皆様はオンラインのお店から、更新された情報を受け取る事もできます。例えば、彼らは会員登録した際に、新製品を割引価格で購入する事も可能です。結果、ユーザーの皆様は短時間で商品を買う事ができます。

他方で、実際のお店は、様々な特典を買い物客のために用意しています。例えば、ある買い物客は大きいショッピングモールで買い物中に、駐車場を無料で使う事ができます。ドライバーの皆様はスマートフォンと言った機器を通して、駐車場の空きを知る事もでき、渋滞を避ける事ができます。また、子供たちは商品の買い方を知る事ができます。例えば、ある文具店ではスタンプカードを小学生に提供しています。いっぱいになったスタンプカードを見せる事で商品が買えます。結果、彼らは特典の受け方を知る事ができます。

まとめますと、人々は、特典を双方の買い物スタイルを通して受け取る事ができます。オンライン店舗は商品についてたくさんの情報を与えられます。実店舗も社会の仕組みを学ぶ機会を与えてくれます。総合的に言えば、人墓地はこれらの店で買い物を楽しむ事ができるのです。

(256語)