Last Updated on 2021-11-17 by Shinichi(Mapman)

Q: Why did Japanese street lights have change from orange to white? Discuss both views and give your opinion. Unlimited the number of words.

In the middle of the 20th century, Japanese roads had drastically brightened. Some constructs installed the street lights. In particular, they had been setting with oranges on the expressways and their long tunnels. But nowadays, orange lights have been changing to white lights. I believe that white lights have some advantages. This essay will compare with the orange and white lights.

On the one hand, there is the advantage to orange lights. First, most drivers can look out the range of extensive. In other words, orange lights can show the shapes of roads to the drivers as a sign, such as on a snow day. Consequently, most drivers can drive safely without guides.

On the other hand, some white lights also have several advantages. First, people can use such light long-term. People can use the orange lights for at least three years. In contrast, they can take advantage of white lights for a decade because of LED(Light-Emitting Diode). For such a reason, people can reduce maintenance costs. Next, white lights do not contain a lot of UV(Ultra Violet). Such lights can avoid some insects. Furthermore, people can protect skins from damage too. As a result, people can feel comfortable under white lights.

To summarize, white lights contain a lot of advantages. Overall, I support white lights will be increasing with the progressing of technologies in the future.

(227 words)

オレンジから白へ変わる街灯 (自由エッセイ)

設問: 日本の明かりは、なぜオレンジから白になったのでしょうか。双方を比較してあなたの意見を述べてください。字数制限はありません。 

20世紀の中ごろ、日本の道路は劇的に明るくなりました。一部の建築会社では街灯を設置したところもあります。特に、高速道路やそのトンネルではオレンジの光が設置されていました。しかし今日(こんにち)では、オレンジの明かりは白の明かりに変わりつつあります。私は白の明かりにはいくつかの利点があると思います。このエッセイでは、オレンジと白の明かりを比較します。

一方で、オレンジの明かりには利点があります。まず、ほとんどのドライバーさんが幅広い範囲を見渡すことができます。言い換えれば、例えば雪の日に、オレンジの明かりは目じるしとして道路の形をドライバーさんに示すことができます。結果として、ドライバーの皆さんはガイドなしに安全に運転することができます。

他方で、白い明かりもまた、いくつかの利点があります。まず、このような明かりは長期間使うことができます。オレンジの明かりが少なくとも3年に対し、白い明かりはLEDによって10年は使うことができます。このような理由によって、修繕のコストを抑えることができます。次に、白い明かりはUV(紫外線)を沢山含んでいません。このような明かりは虫除けにもなります。また、肌をダメージから守ることもできます。結果として、白い明かりの下では快適に過ごすことができます。

要約すると、白い明かりにはたくさんの利点があります。総合的に見て、私は白い明かりが技術の進展とともに今後増えていく事を支持いたします。

(227語)