Last Updated on 2021-11-13 by Shinichi(Mapman)

Image by lil_foot_ from Pixabay

Q: Some people recommend reading a book is the best learning way. To what extent do you agree or disagree? 

In general, most educational curriculums require reading many books. Some traditional books contain a lot of meaningful information. I agree with reading many books. This essay will explain some advantages of reading books.

To begin with, people can improve their memories by reading the book. For example, learners always need to memorize before chapters by the next time in the language class. Some people with developmental disabilities(such as ADHD, ASD) sometimes forget before chapters that they have already. But reading the book can improve their memorizing skills. The Sherlock Holmes series is well known as one of the long mysteries. For readers who like such mysteries, they can keep their motivations by guessing the next chapter. As a result, readers can improve their reading skills.

Next, some persons can enjoy reading a book as one of the pleasures. For instance, some readers organize a book club. In such a club, participators might be meeting outstanding persons. Such as retired from the university of professors. For such reasons, persons can update their knowledge. Also, readers can prevent their forgetfulness. For instance, some persons with dementia can share their opinions and experiences with other participators. Consequently, such disabled persons can enjoy having a great time.

To sum up, there are two advantages to reading a book. Learners can improve their working memories. Disabled persons can have an excellent time. Overall, I agree people should read a lot of books.

(237 words)

読書 (自由エッセイ)

設問: 本を読むことは学習上、良い方法と言う方もおります。どのくらい賛成/反対しますか?(字数制限なし)

一般的に、ほとんどの学習カリキュラムにではたくさんの本を読むことが求められます。伝統的な本の中には意味のある情報がたくさん含まれていることもあります。私はたくさんの本を読むことに賛成です。このエッセイでは、読書の利点について説明いたします。

まず、人は本を読むことで記憶力を高めることができます。例えば、学習者であれば、言語クラスにおいて次の時間までに前の章を記憶しておく必要があります。ADHD、ASDのような発達障害の方であれば時々、読み終わった前の章を忘れることがあります。しかし本を読むことは、読むスキルを改善することができます。シャーロック・ホームズは長編小説の1つとして知られています。このようなミステリーが好きな読者にとって、次の章を推測することにより動機を持ち続けることができます。結果、読者は読解力を改善することができるのです。

次に、1つの楽しみとして読書を楽しむこともできます。例えば、読者の中には読書会を主催する人もいます。このような会において、参加者は優秀な方、例えば大学教授を退職された方と出会うことがあるかもしれません。このような理由から、人々は自分の知識を更新することができます。また、物忘れを防ぐこともできます。例えば、認知症をお持ちの方であれば、他の参加者と経験や意見をシェアすることもできます。結果として、このような障害をお持ちの方でも素晴らしい時間を過ごすことができます。

まとめますと、読書には2つの利点があります。学習者のワーキングメモリー改善、障害者が素晴らしい時間を過ごせることです。総合的に、人々がたくさんの本を読むことに賛成です。

(237語)