Last Updated on 2022-03-15 by Shinichi(Mapman)

Image by mmilos3110900 from Pixabay

Q: Confirmation is a good action for people with special support. Give your reasons and opinions (The number of words is unlimited).

Lately, working people with taking special support are increasing. That is a good trend for society. Nevertheless, some workers often have mistakes. I believe they can prevent some mistakes by confirming. This essay will explain the three advantages of confirmation.

First of all, confirmation can recognize the current position for working procedure. For example, some people with ASD or ADHD are good at memorizing only a part of all tasks. Despite it, they sometimes tend to forget what they should do now. If managers (or administrators) can explain what people with special support should do in the first step, they can start doing it.

Next, confirmation can be corresponded to modifying work or project. Some people with ASD tend to detest changing working-style. In contrast, some people with ADHD prefer to change that working style. Confirmation can notify how the working style will change promptly. For instance, some workers with ASD can achieve hard projects in long term such as illustration, translation. Also, some workers with ADHD can finish a lot of tasks in a short term. For these reasons, managers need to notify changing dates with staggering.

Finally, they can confirm using the 5 senses. To illustrate, even though people with ADHD left their room-key in the apartment, they probably can notice leaving the key immediately because they did not touch the key. Also, some people with ASD can designate the position of their belongings. As a result, they can omit the time for the confirmation procedure.

In conclusion, confirmation of three benefits. People can recognize the current position. They can modify their schedule. They can check it by the 5 senses.

(269 words)

確認 (自由エッセイ)

設問: 確認は特別支援の方にとって良い行動とされています。意見と理由を述べてください (字数制限はありません)。

最近、特別支援を受けながら仕事をする人々が増えています。それは社会にとっても良い傾向です。それにも関わらず、仕事をする方々の中にはよく失敗する方もおります。私は、彼らは確認することによって失敗を防げると思います。このエッセイでは、確認における3つの利点を説明いたします。

まず最初に、確認は作業手順のための現在位置を認識できます。例えば、ASDやADHDの方々の中には、全てのタスクの一部だけを覚えるのが得意な方がおります。それにも関わらず、彼らは時々何を今すべきなのか忘れる傾向があります。もし、管理者が特別支援が必要な方が何を最初にすべきか説明できれば、彼らは始めることができます。

次に、確認は仕事やプロジェクトの修正に対応させる事ができます。ASDの方々の中には働き方の変化を嫌う方もおります。対照的に、ADHDの方々の中には働き方を変えることを好む方もおります。確認はどのように働き方を変えるか、迅速に知らせる事ができます。例えば、ASDの働く方の中には、例えばイラストや翻訳といった、長期における難しいプロジェクトを達成できる事ができます。また、ADHDの働く方の中には、たくさんの仕事を短期間で終わらせられる方もいます。これらの理由により、管理者は変更点をずらして知らせる必要があります。

最後に、彼らは五感を使って確認できます。例えば、ADHDの方が部屋の鍵をアパートに忘れても、彼らは鍵に触れていないため、忘れたことにすぐ気付く事ができるでしょう。また、ASDの方の中は指定持ち物の場所を指定することもできます。結果、彼らは確認手順のために時間を省略することもできるのです。

まとめますと、確認には3つの利点があります。まず、ASDやADHDの人々は仕事上の現在の位置を知る事ができます。2番目に彼らは仕事やプロジェクトの修正ができ、3番目に五感を活用する事もできます。

(269語)