Last Updated on 2021-11-29 by Shinichi(Mapman)

Image by Venita Oberholster from Pixabay

Q; Some severe autistic persons have unwittingly talked in public transportation. Explain the causes of this issue, and some possible suggestions and solutions. 

In Japan, as possible as passengers should make a comfortable space in public transportation. But some persons with severe autism have unwittingly spoken words. It makes an uncomfortable space for other passengers. This essay will explain the features of this issue.

To begin with, some passengers have felt uncomfortable uttering some words from severe autistic persons. But they do not utter such words on purpose. This reason is Echolalia. This symptom means they speak some words that they are reminded of several days or hours later. Also, there is a big gap between their oral and literary vocabularies. But some autistic people consider words in their brains.

In the solution, supporters of autistic people need to notice what is happening around them. Some autistic people can predict if they know what they should do the next time. Besides, supporters should notify them of information briefly. For instance, YouTube is one of the good educational tools. In other words, autistic persons can understand such situations through images. Consequently, they can realize what they should do next.

In conclusion, some autistic people can predict situations that happen in their panic through images. Overall, autistic people and their supporters can corporate with making comfortable spaces in public transportation.

(206 words)


自閉症の会話への対処 (自由エッセイ)

設問:重度の自閉症の方がうっかり公共交通機関の中で話してしまうことがあります。この問題の原因、そして可能な限りの解決策を説明してください。

日本では、乗客は公共交通機関において可能な限り快適な空間作りをしないとなりません。しかし重度の自閉症の方の中にはうっかり言葉をしゃべってしまう方もおります。それは他の乗客にとって快適でない空間を作り出す事になります。このエッセイでは、この問題と特徴について説明します。

まず、乗客の中には重度の自閉症の方から発する言葉を快適と思わない方がいらっしゃいます。しかしこのような言葉を故意に発している訳ではありません。この理由はエコラリアと言い、この症状は数日、あるいは数時間後に思い出した言葉をしゃべることを意味します。また、口語と文語の間に大きな差がありますが、自閉症当事者の中には頭の中で言葉を熟考している方もいるのです。

解決策としては、自閉症当事者の支援者は周囲で何が起こっているかを知らせるべきでしょう。自閉症当事者の中には、もし次に何をすべきかを知っていれば予測できる方もおります。さらに、支援者は簡潔な情報を彼らに伝えるべきでしょう。 例えばYouTubeは良い教育ツールの1つです。言い換えると、自閉症者の中にはこのような状況を絵を通して理解できる方もおります。結果として 何を次にすべきかを認識できる場合があります。

まとめますと、自閉症当事者の中には、パニックの中状況を絵を通して予測できる方もいるのです。結果として、当事者と支援者は公共交通機関の快適な空間づくりにも協力できるケースがあります。

(206語)