Last Updated on 2021-01-16 by Shinichi(Mapman)

These days most of the learners utilize the library. Especially the public library is the best place for them. On the contract, a rental room or space opens a central area in the city. It’s the best location for the working person. First, the modern person has a tight schedule and little free time. Second, they can find common friends who have the same purpose in an event. Third, they want to study with concentrated during a few times. For these reasons, the study room gradually increases in the urban area.

On the one hand, a study room is a useful facility for working persons. First, they need to learn various skills for improving working. For example, some general trading companies require language skills because of trading with foreign countries. Some social welfare corporations need the psychiatric social worker’s skills for solving the mental issues of customers. Second, various events are held in a rental space, such as a meeting or a seminar. The participants can make friends who have the same recognizing. Third, most of the study room set the price for the time. For example, one study room is 300 yen per 2 hours. Another study room is 4,000 yen per 1 month. The learner can set a studying time with concentration.

On the other hand, some libraries also tackle to improve facilities for increasing customers. First, some library opens another room for high school students because they often go to the library to do their homework in the summer(or winter) vacation. Second, most of the library prohibits bringing snacks or drinks. However, some users would like to have a cup of coffee to have a break time for the refreshment from the sleepiness. For that reason, a cafe opens close to a new library. Third, some old library is renovated to bring in the new user. For example, some library users bring their computers. For that reason, some old library establishes a public Wi-Fi system for them.

In conclusion, the study room is gradually increasing for the leaner, but the library also changes with the trend of the times.

(352 words)

図書館と自習室 (自由エッセイ)

現代では、学習者のほとんどが図書館を利用しています。特に公共図書館は彼らにとって最高の場所でしょう。対照的に、貸部屋が(続々と)街の中にオープンしています。働く人にとっては最高の立地条件と言えます。まず、第一の理由として現代人は自由時間が少なく、スケジュールでいっぱいです。次に彼らは(貸し会議室で開かれる)イベントの中で共通の目的を持った友達を見つける事ができます。三つ目は、彼ら(の中に)は短い時間の間で集中して勉強したいと思っている方がいるからです。これらの理由により、自習室が少しずつ都市部に増えて来ています。

まず、自習室は勤め人にとって便利な施設です。第一に、彼らは業務改善の為に様々なスキルを学ぶ必要があります。例えば総合商社は外国との貿易に語学力を求めますし、福祉法人では利用者の問題解決のため精神保健福祉士のスキルが必要となります。次に、貸し会議室では会議やセミナーなど、様々な催し物が開かれます。参加者は、共通認識を持った友達を作る事ができます。三つ目に、ほとんどの自習室は時間に応じて料金が設定されています。例えば、ある自習室は2時間あたり300円で、別の自習室は1ヶ月あたり4,000円です。学習者は集中できる勉強時間を設定できます。

一方で、図書館もまた、お客様を増やす為に施設の改善に取り組んでいます。まず、いくつかの図書館では高校生の為に他の部屋を開放している事があります。なぜなら、夏休みや冬休みに彼らは宿題をする為に図書館によく行くからです。次に、ほとんどの図書館はスナックや飲み物の持ち込みを禁止しています。しかしながら、利用者の中には眠気から気分転換をする為に、一杯のコーヒーを飲みたいという方もいらっしゃるでしょう。その理由により、カフェが新しい図書館の近くにオープンしています。三つ目は、古い図書館は新しい利用者を呼び込む為に改装されている事です。例えば、利用者の中には自分のパソコンを持ってくる方もいらっしゃいます。そう言った理由から、いくつかの古い図書館では公共のWi-Fiを彼らのために設置している場所もあります。

まとめますと、自習室が学習者のために少しずつ増えており、図書館もまた時代の変化に合わせて変化しているのです。

(352語)