Last Updated on 2021-01-16 by Shinichi(Mapman)

In general, travel provides a great experience for travellers, such as moving by transportation, having a local meal, and visiting a sightseeing place. How about persons with ADHD and ASD? Of cause, they have unique or sensitive minds. So if they utilize their minds, their trips would be an excellent journey!

Firstly, some persons with ASD have significant memories. For example, some individuals with ASD are interested in the fixed number or name of a place. For example, a timetable for a railway, flight information for an aeroplane, and traffic information for a coach. It consists of a fixed time or the name of a place. For these reasons, they are good at making an accurate itinerary; it consists of their excellent memories.

On the other hand, some persons with ADHD have flexible thinking. Of cause, they sometimes encounter irregular happening during a trip, such as leaving some belongings in a hotel or toilet. However, they know how to deal with these situations. For example, as soon as they forget any belongings, they can buy alternative products at a 100 yen shop, if they are possible.

Secondly, some persons with ASD prefer a simple meal. They have stress when they meet an unfamiliar food. For example, one young man who likes curry. When he goes on a trip, he can’t eat grilled fish. However, he often takes in the schedule to eat a curry. This reason is easy to imagine the taste and smell.
On the other hand, some persons with ADHD can be familiar with local individuals. For instance, one middle-aged man likes the atmosphere at Izakaya. He often talks with a stranger when he is sitting at the counter table. In other words, he can make friends at once.

Thirdly, some travellers with ASD can be a professional person for the places which they have been because of their memories, and experiences, such as how to direct from the terminal to suburb districts.
On the other hand, travellers with ADHD can ask how to go to their destination. Of cause, although they lose their way on the street, they can inquire a stranger on the way to their destination. Moreover, some ADHD persons can call hotel staff, an office worker, and call-centre staff.

In sum up, the travellers with ASD can map out the schedule, they can get relief their preferences such as their familiar food, and they can be an expert after the second trip. On the other hand, travellers with ADHD can cope with happening, they can enjoy local food, and they have the bravery to ask unknown people.

(433 words)

ASDとADHD -Part4- 旅行編

一般的に、旅行は旅行者にとって素晴らしい経験をもたらしてくれます。例えば、交通機関で移動する事、現地の食事を食べる事、観光地を訪問する事です。では、ASDやADHDの人にとっての旅行はどうでしょうか?もちろん、彼らは違った、また敏感な感覚を持っています。なので、彼らの感覚を有効活用すれば、彼らの旅行は素晴らしいものになるでしょう!

まず、ASDの当事者の中には素晴らしい記憶力をお持ちです。例えば、ASD当事者の中には固定された数字や地名に関心を示す方がいらっしゃいます。例えば、鉄道の時刻表、飛行機の運行情報、長距離バスにおける交通情報などです。これらは(主に)固定された時刻や地名から成り立っております。これらの理由により、彼らの素晴らしい記憶力によって、より正確な旅程を作ることができます。一方で、ADHD当事者は素晴らしい考えをお持ちです。もちろん、彼らは時々、旅行中に予期しない出来事に遭遇するでしょう。例えばホテルやトイレに持ち物を忘れる事です。しかしながら、彼らはこれらの状況に上手く対処する方法を知っています。例えば、彼らが持ち物を忘れても、可能であれば100円ショップで代わりの物を買うことができるのです。

次に、ASD当事者の中にはシンプルな食事を好む方がいらっしゃいます。彼らにとって、食べたことのない食事と出会うのはストレスになることがあります。例えば、あるカレーが好きな若い少年がいたとします。旅行中、彼は焼き魚が食べられません。しかしながら、旅程の中にカレーを食べる時間を入れています。理由は、味と匂いがイメージしやすいからです。一方で、ADHD当事者の中には、現地の人と仲良くなれる方がおります。例えば、居酒屋の雰囲気が好きなある中年の男性がいたとします。彼はカウンターテーブルに座った時、見知らぬ人によく話しかけることがあります。言い換えれば、友達をすぐに作れる、と言うことです。

三番目に、ASD旅行者の中には、彼らが一度行った事がある場所について人一倍詳しい方がいらっしゃいます。理由は彼らの記憶力と経験です。例えば、ターミナル駅から郊外の地域までの行き方があります。一方で、ADHD旅行者の中には、目的地までの道を人に聞ける方がいらっしゃいます。もちろん、例え道に迷ったとしても、彼らは知らない方に目的地までの道を聞くことができるのです。さらに言えば、ADHD当事者の中には電話をホテルや事務所の方、そしてコールセンターの方に電話で聞ける方もいらっしゃるのです。

まとめますと、ASD旅行者の中には詳細なスケジュールを組むことができ、好物によって気持ちを和らげられ、2回目以降の旅行ではエキスパートになることができる方がいらっしゃいます。一方でADHD旅行者の中には、物事に対処でき、現地の食事を楽しめ、知らない人に聞ける勇気を持っている方がいらっしゃるのです。

(433語)